薬局薬剤師の訪問業務

service

薬剤師が患者さんのご自宅等を訪問して
支援できることを知っていますか?

このような患者さんが身近にいらっしゃいませんか?

  • 患者さん自身が通院や薬局に出向くことが困難
  • お薬の飲み間違いが心配
  • お薬をダブって飲んでしまっていないか心配
  • 一人暮らし、または高齢者のみの生活で、薬の管理ができていない
  • 複数の医療機関から薬が処方されていて、重複や飲み合わせが心配
  • 複数の医療機関を受診し、漫然とお薬が処方されており、お薬手帳も活用されていない
  • 病院のお薬以外に市販薬やサプリメント等をたくさん使用している
  • 飲み忘れのお薬がたくさんあるのに、受診した際にそのことを伝えずお薬がたまっている
  • 飲み忘れのお薬がたくさんあるのに、お薬が変更になり、ごちゃごちゃになっている
  • 家族のお薬を薬局に取りに行ったり、整理することが時間的につらくなっている
  • 介護系施設に勤務しているが、入居者のお薬の管理、整理のために本来の業務が負担になっている

薬局薬剤師の訪問の経緯と流れ

薬剤師は薬局内で患者さんが持参する医療機関からの処方せんを受けて対応する業務が一般的ですが、上記のような場合等に、薬局薬剤師がご自宅等を訪問して、

  • 飲み忘れや飲み間違い防止(服用時点ごとにパックにして、日付やお名前を印字したりできます)
  • 飲みにくい薬剤の変更を主治医と協議
  • 残っている薬剤、変更となった薬剤の管理
  • 定期処方薬だけでなく臨時薬もお届け
  • 介護用品や衛生剤料、市販薬等もお薬と一緒にお届け
  • 血圧計やネブライザー等の医療機器も取り扱い可能
  • 主治医に結果等報告等の連携
  • ケアマネージャーに結果等報告等の連携

などができます。医療保険では「在宅患者訪問薬剤管理指導」、介護保険では「(薬剤師による)居宅療養管理指導」といいます。
「健康サポート薬局」活動の一環で、おひさま薬局では以前からこの訪問業務を積極的に行っています(なお、介護保険制度の充実により、現在、自宅や施設で薬剤師が訪問する患者さんのほとんどが介護保険適応者となっています)。
開始する際は、主治医の先生や、介護保険で介護認定を受けて介護サービスを受けている場合は担当ケアマネージャーさんのご了解が必要ですが、薬局薬剤師より直接連絡してご了解を得ることもできます。
費用は介護保険または医療保険の保険対象となす。介護保険での訪問の場合、介護度ごとに定められているサービス予算枠(支給限度額)には含まれませんので、他のサービスの利用状況に関係なく利用できます。
通常の1割負担の方の場合は1回503円かかります。月に4回まで保険適応可能です。